急な故障の時には|給湯器は交換できる|末永く使うために大切なこと

給湯器は交換できる|末永く使うために大切なこと

男性

急な故障の時には

白い給湯器

エラーコードで原因判明

給湯器が故障すると、自分で何とかできると思ってしまいがちですが、必ず修理会社に依頼するようにします。給湯器にはいろいろな配線がされていますし、専門的な知識がないまま給湯器の内部に手を加えると、思わぬ火傷や感電の危険があります。ただ、給湯器が故障したと思っていても、単に電源が切れていることもあります。お湯が出なくなっても修理をまず考えるよりも、慌てずに電源がきちんと入っているか確認することが大切です。また、電源をリセットして再起動させると正常に動き出すということもあります。給湯器にリモコンが備え付けられている場合は、不具合があるとその画面にエラーコードが表示されます。メーカーによってエラーコードは異なりますが、エラーコードによって不具合の原因が分かります。エラーコードが書かれた説明書は万一の時のために、捨てずに取っておくことをおすすめします。

買い替えも選択肢に

給湯器は、製造してから10年程度で新製品が出たり改良されたりして部品も作られなくなります。なので修理の際に、給湯器が10年以上たっていたら買い替えを提案されることもあります。部品が作られていないため交換できないという理由の他に、10年たつと新製品の方が性能がよく、古くなった給湯器をたびたび修理しなおして使うよりも結果的に安くなるからです。寒い時期の時に給湯器が壊れると、慌てて修理会社を呼んですぐに修理してもらい、後になって修理費が想像以上に高くて驚いたというケースも多いです。もちろん、ほとんどの場合その請求額は妥当なものですが、中には不当な請求のものもあります。修理をしてもらう前に、修理の実費や修理スタッフの出張費そして追加料金の有無などをきちんと確認することが大切です。